藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

「褒め」は恋愛にいらないと想っている方へ



褒め方が下手ですと、
好意が伝わったり、相手をより不快にさせたり、
差別化できなかったりします。


つまり、褒めることはダメと想ってしまっても
しょうがないです。



恋愛に褒めることは必要がないと
想っている全ての方が
褒めることが下手なんだなとお察しします。





■接待や社交辞令をすることに、自信がありますか?


この質問は
ある程度、あなたの褒めるスキルのクオリティを
確かめることのできる質問だったりします。



接待や社交辞令をするとなると、
褒めることを考えますよね。


そして、接待がされている側も

「接待ありがとう」

という気持ちを持っててくれたりしますので

比較的褒めるスキルが低くても
乗り切ることが出来る場だったりします。



ですので、

●接待や社交辞令をすることに、自信があるかないか?


「自信がない」という答えの方は

間違いなく褒めるスキルが弱いです。


褒めスキルが低くても、乗り切れるような場ですら
自信がないということは、
褒めることが出来ていないという自覚を持たないとです。



常識的に考えて、

接待や社交辞令以上に
クオリティを高くする必要のある「恋愛に使える褒める」も
出来ていないということになります。





ちゃんとした褒めるが
出来ていないのに

自分自身のご評価では、
”褒めたはず”という上での失敗経験があるために、


「褒め」は恋愛にいらない。
~~~~~~~~~~~


という判断をしてしまいます。



低いクオリティの褒め方は
恋愛の足を引っ張るため、必要がない。


高いクオリティの褒め方は
恋愛の進行をぐんぐん速めますので
絶対に必要。




そして一番リスクが低い会話の方法も
褒めるなんです。


だからこそ、失敗をしたくない接待や社交辞令の時も
褒めることを最初に考えるんです。




褒めることが出来ないと

「ありがとう」を言えない人間になってきます。


そうすると長期的な恋愛をすることが
難しくなりますよ。


がんばりましょう!

«   「褒め」は恋愛にいらないと想っている方へ   »

メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ