藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

モテるパンツは?

こんにちは藤村です。




童貞さんのまだ見ぬ壁、セックス。

もし、童貞さんがたどりついた時何が不安ですか?




エッチの仕方ですよね^^

・下手だと思われたらどうしよう。

・すぐイッてしまったらどうしよう。


きっと不安ばかりだと思います。




大丈夫^^大丈夫^^気にしなくても大丈夫。

私の最初のエッチは、

フェラでイッちゃったし、あげくチンチンが立たなかったし。




テクニックを気にしていたらいけません。

下手で当たり前。





童貞=純粋

このイコールが成り立つんです。

武器です^^





ただ、いざエッチをしようとした時に間違いなく準備しておいた方が良いこと。




それは、

パンツの選択。。。




女のコはカワイイパンツをたくさん持っています。





下着専門の若い子向けのメーカーまであるんですよ。

例えば、

PJ(ピーチジョン)⇒ http://www.peachjohn.co.jp/

だとか、

ラヴィジュール⇒ http://www.ravijour.com/

などなど。


メーカーの公式サイトへのリンク貼っておきました^^

アフィリエイトじゃありません。(目の保養にどうぞ)




中には以外に高価な下着もあったりします。




あなたは、

女のコのパンティーがカワイイ下着であればあるほど、

その中に潜んでいるエロい物が欲しくなりませんか?




なりませんか?





なりますよね?


藤村は間違いなく欲しくなります^^






実は、男のパンツも女のコからすれば一緒なんです。




でも、実際 男は、



母に買ってもらったトランクス・・・・・

ひどい時には、白のブリーフ・・・・・




どうでしょうか?この現実は。

これでは、女のコの気分は良くなりませんね^^;




あなたのチンチンを

『おいしい・・おいしい・・・』


と言って、加えてもらうためにはまずパンツを変えましょう!




1番良いのは、

やはり、定番のカルバンクラインのボクサーパンツです。


次は、

ドルチェ&ガッパーナのボクサーパンツ!



藤村は両方持っていますが、カルバンクラインがオススメです。


理由は、はきごこちがスゴク良いからです^^



カッコよさは互角ですね。(人それぞれ)

女受けは両方抜群です!





さらに、

エッチをするということは女のコの体の中にあなたの物が入っていくということです。





例えば、女のコに不潔なイメージを抱かせてしまうと、

あなたとは、エッチがしたくなくなるかもしれません。




汚い物を自分の体の中に入れたくないのは当然です。





フェラが嫌いな女のコがよくいます。

理由は、


『くさかったから』


おしっこをする所ですから臭くなるのも当たり前です^^;





フェラをしてもらう時は、ちゃんとシャワーを浴びてからにしましょう。





初めてフェラをしてもらった時、

『おいしい』と思われるか?

『まずい』と思われるか?




これは、今後のフェラにもひびきます!



あなたはどっちに思われたいですか?

ちなみに、





『おいしい』と思われた場合

しつこいくらいに女のコは野獣になっちゃいますが。。。





『おいしい・・おいしい・・・何でこんなに○○君のチンチンおいしいの?』

と女のコに言われたい方は、私の言うことをしっかり実行して下さい^^


メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ