藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

モテる会話術 プライドの高い女の子

女の子のコンプレックス


藤村 勇気



昨日、朝から飲んでました。


A君、B君、僕、C女、D女の5人です。



このメンバーで飲むといつも
エロネタになっていくのですが、


B君は露骨にただの変態になっちゃいますので良くないです。


A君と僕はボディタッチすらせず
楽しくエロネタを連発しますので、
なんだかんだお持ち帰り率は失敗しません。




■そこでの会話


僕「ぶっちゃけトークしよ!
  最近、エッチしたのいつ?」


A君「2、3週間前かな」

B君「・・・・3年くらい前かな」

C女「2、3週間前かな」

D女「・・・・1年8か月」

僕 「今日の深夜というか朝。」



みんな「勇気、抜くもの抜いてきたからテンション低いんだ!笑い」
   「何考えてるの?アホでしょ?」

僕「そう!間違いなく息子クンに逆らえないくらいのアホ!!」


【みんな爆笑】





おそらく
A君とC女は僕に言ってないだけで
二人はエッチしてるんでしょう。

そんな予感がしました。(ニコ)


公開をしていないということは
あまり聞きすぎると場の雰囲気が
悪くなりますので、二人には触れないことに。



B君をエロネタの主人公にすると
女の子がドンビキするくらい
息を荒くしそうですので触れないことに。



そこで僕の白羽の矢はD女にいきました。



僕「1年8か月もエッチしてなかったら
  ま○こにクモの巣とか張ってないの?」


【みんな爆笑。D女激怒。】



僕「1年8カ月って言ったら9、8、7、6、5、4、3、2・・去年の2月?」

D女「そうだよ。(イライラ)」

僕「2月の何日にしたの?」

D女「25とか6日くらい・・・(イライラ)」


・・・。


僕「2月って28日までだから、それって3月じゃん」

 「見栄を張ったらダメ! 1年と7カ月だね。笑い。」


【みんな爆笑。D女激怒。】




D女は、今にもお家に帰って
きゅうりとか大根とかにんじんとか
体に入れちゃいそうな勢いでした。


もちろん場は綺麗におさまりました。


おさめることが出来ないレベルのトークは
最初からしません。




女の子もしばらくエッチをしていないと
話したくない内容になっちゃってるんですね。


つまり、コンプレックスです。



顔とかスタイルとかは抜群なのに
もったいない子でした。



さすがにここまで言われた僕とは
エッチしたくないでしょうけど
ここまで感情動かしてあげたらドンビキB君でもいけるんじゃ・・・・




さすがにエッチしてきたばかりだから
疲れてるし、友達想いの悪者になってあげてたり♪





一見モテそうな女の子なのに
エッチしていない期間が長いとかいうのは

たいていプライドが高いです。


「その辺の男には口説かれても無視」

「私はそんなレベルの女じゃない」


みたいな感じです。

当然、実際のエッチも下手です。





これ男女逆もしっかり当てはまります。



「俺は、ブスとはエッチできない。」

「俺は、そんなレベルの男じゃない」



こうやってコンプレックスを自分自身で
作っていきます。



経験が浅いとエッチ以前にどうしても
トークが上手くないです。


たとえば、エッチ経験が少ないと
エロネタ話題で暴走か沈黙をします。



もちろんエッチになった時には
相手を喜ばすスキルがありません。




■結論


ブスとエッチをしたことがない
モテ男を見たことがありません。


ブスとエッチをしたことがない
美人と付き合っている男を見たことがありません。



ブスとエッチをした後は
みんなにからかわれます。



男友達「あんな女とエッチしたの?笑い」

僕「あー何が失敗かというとその子とエッチしちゃったことより
  お前らにその子とエッチしたのがバレたことだよ。笑い」


【みんな爆笑】




最低なヤリチンのトークショーですが
ヤリチンであっても囲っている女の子は

男が振り返るカワイイ子ばかりだったりします。






「ブスとはエッチしたくない」



「一生カワイイ子と付き合いたくない」



実際にカワイイ子と付き合っている
恋愛経験豊富な男子たちは

恋愛経験が豊富でない男子が言った場合には
上記のように解釈しているでしょう。





周りにいてくれる女の子は
恋愛経験(トーク力)によって変わってきます。




そのトーク力を身につけてください。


«   モテる会話術 プライドの高い女の子   »

メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ