藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

デートや合コンの時の支払いについて


デートや合コンなどでの
支払い方法についての
ご質問をたまに頂くことがあります。



リスクの少ない支払方法の
実践をしていきましょう!



一番リスクのない方法は・・・

【女性がトイレなどに行ってる隙に、男が全額、支払い終える】

です。

1番リスクが少ないというよりも、
スマートさがあり、
モテ度がアップする支払い方法になります。





中には、お金を出したいという女性もいます。

その時は、


『ありがとう^^』

と言って、割り勘以下の金額をもらうと良いです。




ただ・・・

【財布からお金を出すフリをする女性】

もいますよね。


お金を出したい女性と
お金を出すフリをしている女性を見分けるには、


『おごるよ^^お金出さなくていいよ。』


と言えば良いです。



少なくとも、
お金を出したいと想っている子は
上記の言葉くらいで、


『ありがとう^^ ごちそうさま♪』


などとはなりません。


『いや。悪いから、私も払うよ!』

と、良い意味で歯向かってくれます。





■怖いのは・・・

「デートの支払いは男が全額払うことが当然。」

と想っている女性に対して、


お金を出してもらった場合には、
かなりの嫌悪感を持たれる時があるということです。


相当、デート中などに楽しませてあげていれば
嫌悪感を持たれないで済みますが、


そうでない場合は、
一気にフェードアウトされる可能性があります。


【財布からお金を出すフリをする女性】


このような女性も、このパターンが多い傾向があります。




ですので、どちらにせよデート前に

あなた自身が
全額おごりであっても問題のない範囲での
お店選択をしておくと良いです。



つまり、


1.高級レストランで会計が1万円。

  男女それぞれ5000円づつの支払い。


というようなデートプランではなく、



2.居酒屋チェーンなどで会計が5000円。

  男が全額をおごりの5000円。


に出来るようなデートプランにすると良いということです。


同じ5000円が飛ぶのなら、
将来につながるお金の使い方をしたいですよね^^b




また、同じ5000円を払っていたとしても
1の場合ですと、
女性にケチと思われてしまう可能性もありますので、
注意しましょう!




【少ない金額を払うことがケチ】

ではなく、

【支払い金額を意識していることがバレるとケチ】

なんです。



支払う金額が、1万円でも10円でも、

支払った金額を意識をした瞬間にケチと思われます。




ですので、例えば、


【1万円の支払いに対して、割り勘しようか^^ という場合】

【女性がトイレなどに行ってる隙に、男が全額の千円を支払い終えるという場合】


どちらがケチな印象を相手に持たれるかと言うと
千円ではなく、1万円支払ったほうなんですね。



実際は1万円支払った人のほうが
お財布から出ていくお金が多いにも関わらずです。



【ケチな印象は致命的です】


女性にモテないですし、

ノリの遊びで
お金を出せない傾向が強いと思いますので、
友達が減る可能性があります。

・・・楽しい思い出を作るチャンスが減ります。





「見栄を張る」という言葉がありますが、

これは、自分の魅力を上げてみせる方法の一つです。



悩むくらいでしたら、全額おごってしまいましょう!

藤村 勇気

«   デートや合コンの時の支払いについて   »

メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ