藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

デートの約束の仕方が悪い男

小さいことだと想われそうですが、
小さいミスを、全てなくすことが出来るようになると、
失敗をするほうが難しくなるんです。


デートの約束をする際に
わざわざ、断られてしまう可能性の高い誘い方を
している方が多いです。



1つ目.【俺、●日なら、空いてるよ。】

2つ目.【○○ちゃんは、いつ空いてる?】




この2つの誘い方は、どちらも正解です。

ですが、

男女の関係性によって不正解になる場合があります。




では、1つ目の誘い方で女性がワクワクしながら
デートの日程を空けてくれる関係とは、
どのような関係なのかを考えてみましょう。


・・・考えるまでもなく、

【女性側が男側に、会いたい、会いたいと想ってる関係】

ですね。


この場合は、
女性により好きにさせる努力をさせることにもなりますので
良い誘い方になります。



ただ、それ以外の場合でしたら、

女性に予定があった場合、
その予定を無理矢理キャンセルしてまで

女性は男に日程を合わせようとはしません。



男「俺は●日なら、空いてるよ。」
女「その日はちょっと、私は、●●日なら・・・」
男「その日は俺が仕事なんだ。汗」






良い関係性であっても、上記のように
別日の提案してくれる程度の会話になります。



女性に予定がなければ、ラッキー♪


それ以外の場合は、
デートの約束をすること自体に
グタグタしてしまい
結局デートが出来なくなってしまう可能性がある。


「デートの約束」という会話内容が
つまらない会話になってしまい、
関係性自体も悪くなるということです。




恋愛に悩んでいらっしゃる方の
9割の方は、


【女性側が男側に、会いたい、会いたいと想ってる関係】

この関係になることが出来ずに
苦労をしていらっしゃるかと思います。



つまり、

1つ目の誘い方をすることで
本来は、デートが出来る関係であったとしても、

デートが出来なくなる関係になるほどの
リスクがあるということを理解してください。



例えば・・・!

【立場を上にするために、相手に言うことを聞かせたい】

【俺は空いている日が少ないから、この日しか遊べない】


と考えた上での言動の選択が1つ目の
デートの誘い方であるならば、


相手に言うことを聞かせるための
立場関係を作るために、

俺と目が合うだけで、
相手の顔が真っ赤っかになるくらい、
相手を惚れさせてやろう。

と考えましょう。




さも正しい恋愛ノウハウのように
伝えられている方法の一つに、


「言うことを聞いてもらうことで、相手より立場を上にする」

という方法があります。





これは本来、
根っからのヤンチャ人間専用理論なんですね。


見た目や生き方自体が、
ものすごく、他人に対して、高圧的な人がいるとします。


その人と出会い、その人の言う事を何度も聞くと、

「今までも聞いちゃったし、もう、しょうがないかー><」

と、

お願いを断れない関係性になるという理論です。



つまり、どこかで高圧的な部分がなければ

人は、相手都合のお願いなど、面倒なものでしかなく
聞いてくれるわけがないということです。




恋愛という場で
高圧的に接するために必要なものは、

ヤンチャ性などではなく、
あなたもご存じの「好意」です。



好意を強く持ってしまった側が、
相手の言動を必要以上に気にしてしまいます。


つまり、「ヤンチャな高圧的」と
同じような心理作用が
「好意」というものにあります。




ですので、

ーーーーーーーーーーー

例えば・・・!

【立場を上にするために、相手に言うことを聞かせたい】

【俺は空いている日が少ないから、この日しか遊べない】


と考えた上での言動の選択が1つ目の
デートの誘い方であるならば、


相手に言うことを聞かせるための
立場関係を作るために、

俺と目が合うだけで、
相手の顔が真っ赤っかになるくらい、
相手を惚れさせてやろう。

と考えましょう。

ーーーーーーーーーーー


なんです。



ヤンチャとはかけ離れている真面目すぎる男性であっても、
相手に強い好意を持たれていれば、

高圧的な関係性を持てます。


ただ、
恋愛は「真面目」ではなく「楽しむ」

というカテゴリのものですので、


真面目すぎるは、
好意をもらう上でマイナスになります。





もちろん、正しい誘い方は「2つ目」です。


相手の予定に無理矢理でも、合わせる。


2つ目の誘い方を、軟弱と思っちゃう方が
いらっしゃるかもですが、

2つ目の誘い方は、
お願いや提案をする側の一般常識の姿勢でもあります。

藤村 勇気


ps


モテてしまえば、どんなに低姿勢でも
恋愛では、勝手に、高圧的な立場になってしまいます。

高圧的な立場など、良かれ悪かれです。


好意を持ってない側が
好意を同じくらいに持っているようなフリをして、

上手くバランスをとることが、
一番、お互いがリラックスして付き合うことの出来る関係ではないかなと
思います。



●「フリ」という嘘は悪いことなのか?


そもそも「フリ」をする原因になったのは、
好意を強く持たれたから。

好意を強く持たれた上で、
仲良く過ごしたいと想えばフリが必要になる。

「フリ」をしなければ、

相手は不安になり、不安が反映された言動をし、
結局は、仲良く過ごすことが出来なくなる。


個人的な意見としては、
良い関係を保ってくれようと考えてくれている上での「フリ」は
感謝に値する行為だなと思います。

メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ