藤村勇気と史上最強恋愛情報商材コンサルタント軍団のブログ

僕が「オレ」ではなく「ボク」に言い方を変えた理由。

弱い男ほど、強く魅せようと頑張る。


藤村 勇気




僕は昔、自分のことを「オレ」と言ってました。


でも、突然「ボク」に変えたんです(ニコ)






なぜ、
突然「ボク」に変えたのかというと


なんとなく「オレ」という言葉が
みんな当たり前に使ってましたが、

無意味に、偉そうだなと思ったからです。



・・・後はケンカをしたかったから。笑い。





「ボク」と自分のことを言ってると




好意のある女の子には

女『僕ってカワイイ(ハート)』



僕『そう♪ ふふふん♪』

とか言ってもらえますが、





初対面の挑戦的な男には


『なんで僕って言うの? 俺じゃないの?』

みたいに言われます。





このように言ってきた相手に


『誰に向かって言っとるんや。お前?』

と突然、ケンカを始めてました。




こんな理由で、
わざと弱く魅せてたんですね^^







偉そうにドシドシ歩いていると
ケンカを売られることも少ないですから
少しでも弱く魅せないと、と思って。





上記はケンカを例にしましたが、
恋愛も一緒です。





貴方がもしクソノウハウをつかまされ
偉そうにしなさい的なことが書いてあれば、

(貴方が解釈をしてしまっていれば)




ドシドシ歩いてることで
他の人に道を避けられる不良と
一緒のようなもので、

女の子にも避けらる可能性が高いです。





つまり・・・

最初は、相手が男女問わず
誰であっても低姿勢でいることが
人として大切なんです。




貴方が偉いかどうかは、
貴方の態度が決めることではなく相手が
感じること。



薄っぺらな言葉ではなく
信頼できる言動や日々していることを知り
相手が決めることです。






世の中の大成功者さんたちは
いたって、
紳士で礼儀正しく低姿勢だと言います。



ですが
素敵なことをしていらっしゃるため
偉い方だと人に思われます。




ここを間違っちゃダメです。







簡単に言うと

自分はすごいと思わせようとしてることが
自分は弱いんだぞと言ってるのと同じ。






●無理に強気な口調で女の子に話したり

●偉そうに店員さんを呼んだり

●無理に冷たく女の子をあしらったり。





貴方にはクソ恋愛ノウハウを買う前までは
弱い自分を認める
カッコ良さがあったかもしれません。



でも、変なのを買い信じちゃうと
貴方の良い部分すらなくなります。




貴方に対し強い口調でいる
恋愛コンサルタントさんは

貴方を引っ張って行こうとしてる可能性がありますので
悪くないですが、




女性との会話の中で
偉そうな態度をしてるノウハウ販売者は
まずさほどモテないです。






甘いスィーツのような優しい口調で
女の子と接しましょう♪




藤村 勇気



ps


弱い人間が強くなっていく
映画の主人公はカッコイイですが


形だけは強そうに魅せてたが
時間が経つにつれ、ボロボロと弱さが見えてくる
脇役には目も当てれません。



関連記事:簡単なギャップの作り方


«   僕が「オレ」ではなく「ボク」に言い方を変えた理由。   »

メルマガ登録で、無料プレゼント!

世の中、恋愛が上手くいく人と上手くいかない人がいます。

脳みそや体の作りは、ほぼ同じなのになぜか大きな差が出てきます。

問題は、脳みそにあります。

例えば、僕は、自分の脳みそさえあれば、 誰の体に乗り移ろうと、同じ結果を出す自信があります。

このレポートでは、
僕が普段からしてる脳トレーニング方法をお伝えしています。



ご購読される方は、
下記のフォームからご請求ください。





メールアドレス:
名前:

※この無料レポートをダウンロードされた場合、藤村勇気(メールマガジンの発行者)によって、メールマガジン「藤村勇気のメールセミナー」及び
【実践派】藤村勇気の女性を教育する思考とテクニック マガジンID:0000211119に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000211119.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。

恋愛コンサルタント 藤村勇気とは?TOPへ